パソコンを選ぶ際にどんなことに注意したらいいの?

こんにちは、横山けんいちろうです。

パソコンを選ぶ際にどんなことに注意したらいいの?

こんなお問い合わせをよくいただきますが、簡単に言うと性能を大きく作用するものは、① CPU ②メモリ③ストレージの順番になります。

簡単に説明するとCPUは車で言うところのエンジンにあたる部分で、ここは簡単には交換できない部分ですので、一番重要視する部分です。

現在はインテル社とAMD社が主流を占めています、インテルのほうは一般家庭用、AMDの方がゲームマニア用のパソコンに搭載されていることが多いです。

インテル社の最新のCPUは11世代となっていて110,000台の番号が付いています。各世代についてCORE(コア)のブランド名があり、それぞれのシリーズ名を表すi3,i5,i7,i9の分類に分けられています。これ以外のブランド名にCeleron?(セレロン)とかPentium?(ペンティアム)等がありますがこれはあまりオススメではありません。
AMD社の最新CPUはブランド名Ryzen(ライゼン)は第4世代(5000シリーズ)に切り替わりつつあり、こちらもシリーズ名は3,5,7の分類に分けられています。

お勧めするCPUの目安として、インテル社の場合はCOREi5以上、AMD社ならRyzen5以上でCOREiは10世代以降、Ryzenは第3世代以降のCPUのついているものを購入されると良いでしょう。

メモリについては8ギガ以上できれば16ギガを搭載していれば快適です。

ストレージについては256ギガ以上のSSDが搭載されているものが快適です。

予算の関係ですべての条件が整わない場合は、メモリとストレージについては後から増設または交換することができるのでCPUを出来るだけ新しいものにしておくと、比較的長期間パソコンを快適に使い続けられます。

もう少し詳しく聞きたい等ありましたらホームページ協会にお気軽にお尋ねください。

2021年2月17日