詐欺メールに注意!

こんにちはITコーディネーターの横山けんいちろううです。

今回はお問い合わせ多くなってきている内容についての情報共有です。

最近の迷惑メールは進化がますます進んで、一見すると本物のメールなのか
詐欺メールなのかわからないものが多くなってきました。



写真は私のところにもよくあるメールの一例ですが、
よくあるのがアマゾンや楽天の様な自分が普段利用しているショッピングサイトから

「お使いのアカウントが不審者からの攻撃を受けロックされています。
至急アカウントロック解除の手続きを行ってください。
行わない場合は今後30日間の利用停止が実行されます。」

などといったそのサイトやサービスを利用している利用者にとっては
ビックリするような内容のメールが突然届き、送信者のメールアドレスもいかにも
カスタマーセンターやその会社のユーザサポート担当のようななりすましをして
あなたを不安にさせる直ぐに行動を促すような内容が記載されています。

本物かわからないメールを受け取った時は、そのメールに記載されている
URL (青くなっている文字)や、中にはってあるバナーををそのままクリックせず、
自分がいつも利用しているお気に入り等からのリンクでその会社のホームページを見てそこから自分のアカウントにログインしお知らせ的なものがあるかどうかを確認しましょう。

Gmailに自分のところに届いたメールを転送していると、Gmail側でこのような
赤い表示でこのメールにはご注意くださいと注意勧告をしてくれる
サービスもあるので利用するのも安全対策の1つとして有効だと思います。

Gmailについての設定方法等が不明の場合は協会スタッフまでお問い合わせください。


▼全日本ホームページ協会▼
https://jwa2020.com/

2021年11月26日